未成年がシースリーで脱毛をするなら親の同伴が必要?

未成年のシースリーの脱毛の契約

脱毛サロンのシースリーでは、大学生さんや未成年の人でも全身脱毛の脱毛処置をやってもらうことができます。
脱毛サロンのシースリーでの未成年の契約に関しての詳細を整理しました。

 

シースリーの契約できる年齢は?

原則的に脱毛サロンは年齢制限を定めていて、その年齢制限はエステサロンによって違います。
シースリーの脱毛処置を受けることができる年齢は18歳以上です。
17歳に満たないケースは保護者の同意があっても申し込むことが出来ません。

 

シースリーの未成年の契約手続き

脱毛サロンのシースリーでは、未成年でも脱毛処置の契約を交わすことが可能ですが、
20歳未満、大学生のケースは、当人の意思だけで脱毛の申し込むことは
出来ないので、親の同意が不可欠です。

 

一番サクッと契約する方法は、カウンセリングや契約時に、親に同席してもらうことだと言えます。
親が同席していれば最も速やかに契約をすることができます。

 

しかし親が忙しいなどの理由で同席が無理があるケースは、
親権者の同意書を持ち込んでの契約ということも選べます。
同意書があれば未成年のみであってもシースリーと脱毛契約をする事が可能です。

 

契約する直前に親にシースリーから確認の電話が入れることもありますから、
契約する日時を親に伝えておくと良いでしょう。

 

親が同席するケースでは、シースリーは女性専用サロンですから、
母親や祖母の親族の方というような女性親族と一緒に来店しましょう。
シースリーは、男性親族は入店できまないことになっているのでお気を付けて下さい。

 

親の同席が必要なパターン

つい先程同意書があるのなら未成年だけであっても契約が可能と説明しましたが、
しかし、支払い方法によっては親の同席が必要なケースもあります。
実は、シースリーは支払い方法をを一回払い・分割支払い・後日支払の中から決定できるのですが、
分割支払い、後日支払制を選ぶケースだと、親の初回同伴が必須条件です。

 

分割支払い、後日支払での支払いは、クレジットカードのローンを組んでの支払いですから、
クレジットカードを所有していない場合、未成年のみでは申込手続きをすることが出来ない為です。
したがって、、クレジットカード持ち主の親と同行してシースリーの店舗に来店し、
親に代わりに分割払いを組んでもらって、
親が脱毛施術の支払をしていくというスタイルということです。

 

親に脱毛したいと言えない時は?

「保護者に脱毛したいと口にするのが後ろめたい。」
脱毛は、ナイーブな悩み事ですので、そう考えるのも無理はないです。
しかしながら現実的な問題、親の同意なくして未成年の立場でエステサロンと契約をすることは不可能です。

 

「どう言ったら分かってもらえるだろう?」と苦悩しているのなら、
あなた自身で不要な毛のことでどれくらい悩んでいるのか、
どれくらい困ったり、不快な思いをしているのかをスッパリと伝えていきましょう。

 

御両親、特にお母さんの場合、
程度の差はあってもあなた自身と同じように要らない毛に苦しんでいた時期が
あったと思いますので、打ち明けてみると意外と容易に聞いてもらえるかも知れませんよ。

 

お金の面が不安要素になって相談しにくいなら、
小遣いを蓄えたり、バイトをするなりして、
自分自身でもお金を用意する考えを伝えるのも良いと思います。

 

自分自身の劣等感を親に言うのは後ろめたいと感じているかもしれないけれど、
第一段階は苦悩していることを理解してもらわなければ、
無駄毛の悩みを乗り越えることはできませんから、そこは、度胸を出して伝えてみてください。

 

どうぞ、脱毛サロンに通いつるつる肌になって、
思春期を思いきり楽しめる自分を想像してワクワクしてください。

 

 

シースリーの無料カウンセリング予約はこちら


 

全身脱毛